*

裁判所がやるまで待っておけ

特定調停も任意整理による手続きと似ていて、それぞれの債権を有する者に対し借金の支払いを行っていくことを選択する借金を整理していく手順となります。

 

わかりやすくいうならば裁判所がやる任意整理ということができます。

 

この特定調停という方法も任意整理による解決と同じように破産宣告とは異なって一部の借金のみを処理していくことが可能ですので、保証人が付く借入金を別として整理したい場合や住宅ローン以外で手続きしていく場合等においてでも用いることが可能になりますし、全ての資産を手放してしまう義務はないので、貴金属やマンションなどの自分名義の財産を持っているものの手放したくない場合においても選択肢になる借金整理の手順です。

 

しかしながら、手続きを取った後の返済に必要となる額と実際の所得額を比較し、常識的に見て完済が見通せる場合においては方法を選択することは可能ですが破産手続きとは異なって返済義務自体がクリアになるのではありませんので総額がかなりになるような場合は、実際に特定調停の選択肢を選ぶのは困難だということがいえるでしょう。

 

それから、この手順は国の機関が中に入るため専門家にゆだねなくても立場が弱くなることがないという点とか費用を圧縮できるという益は魅力的ですが、取り立てに対し債務者本人が対応していく必要があることや実際に裁判所に何回も通うことが求められるというような注意が必要な点もあります。

 

それから、任意整理と比較してみるとこの方法により同意に達しない場合には金利をすべて付けた形で渡していくことになるという点やあとから見れば貸し手に返す合計額が任意整理の場合と比べて高くなる場合が多いという覚えておきたい点もあります。

 



コメントする